東久留米市で女性行政書士をお探しの方

飲食店を始めたい方

飲食店の開業

飲食店営業(カフェ、喫茶、食堂、レストラン、居酒屋、バーなど)などの開業には、食品衛生法に基づく飲食店営業許可(正式名称:食品営業許可)が必要となります。

営業許可取得までの大まかな流れ

Step1 管轄の保健所にて事前相談
施設の工事着工前に施設の設計図面を持参し、事前に相談を行います。
Step2 申請書類の作成
1.営業許可申請書
2.施設の構造及び設備を示す図面
3.食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳等)
4.水質検査成績書(水道水、専用水道、簡易専用水道以外の水を使用する場合)
5.許可申請手数料
(法人の場合)登記事項証明書
Step3 申請書類の提出
書類は施設工事完成予定日の10日程前に提出が必要です。
Step4 施設完成の確認検査
検査の際は立ち合いが必要となります。
施設基準に適合しない場合は許可されないため、不適合事項については改善し、再検査を受ける必要があります。
Step5 許可証の交付
許可証が交付されるまでには数日かかります。
交付されるまでは開店できませんので注意が必要です。
食品衛生責任者について

食品衛生責任者は、店舗ごとに専任で配置することが義務付けられています。
一人が複数の店舗や施設を兼任することはできません。

一般には都道府県や保健所などが実施している、食品衛生責任者養成講習会を受講して資格を取得します。
ただし、次に該当する方は講習会の受講が免除されます。

・調理師
・製菓衛生士
・栄養士
・船舶料理士
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・食品衛生管理者又は食品衛生監視員の資格要件を満たす者

当事務所では開業準備に専念していただけるよう、ご相談から許可書交付までトータルにお手伝いさせていただきます。
しっかりとお打ち合わせしながら進めますので、安心してご相談ください。

飲食店開業に関する最新情報はこちら